ここから本文です

清宮、日米9球団スカウトの前で5打席連続安打

6/12(月) 7:04配信

スポーツ報知

◆練習試合 早実3―2九州学院、早実6―3桐光学園

 今秋ドラフト目玉の早実・清宮幸太郎一塁手(3年)が11日、同校の王貞治記念グラウンド(東京・八王子市)で九州学院(熊本)、桐光学園(神奈川)との練習試合に出場し、日米9球団のスカウトの前で5打席連続安打を放った。

 桐光学園戦の3回無死一塁。外角直球を捉えた痛烈な打球は二塁左を抜け、右中間を破ってフェンスまで達した。第1試合・九州学院戦で9回に左翼線二塁打を放つも、「(全体的に)今イチ。ヘッドが返り、上体が前に突っ込んでいる」と自己分析。2戦目は初回からファーストストライクをすべて振って4連続安打。メジャーの目を納得させた。

 ブルージェイズのダン・エバンススカウトディレクターは「特定の選手については言えないが、高いレベルでプレーしている。初めて王さんの母校のグラウンドに来て、特別な1日になった」と笑みを浮かべた。

 清宮は高校通算100号を達成し、「知らない人からも言われる」と電車などで祝福されたという。「(1年で)入ったときは、そのこと(本塁打)しか考えていなかった。今は違う。記録は二の次」。主将として最後の夏に集中する。(山崎 智)

最終更新:6/12(月) 8:47
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報