ここから本文です

11日仙台-埼玉戦 なでしこリーグカップ 若松でリオン・ドールマッチデー

6/11(日) 9:09配信

福島民報

 サッカー女子プレナスなでしこリーグカップ一部予選リーグBリーグ第3節のマイナビベガルタ仙台レディース-ちふれASエルフェン埼玉戦は11日午後1時から、福島県会津若松市のあいづ陸上競技場で開かれる。
 リオン・ドールコーポレーションがマッチデースポンサーを務める。東北電力福島支店、福島民報社が協賛し、会津乗合自動車(会津バス)が協力する。
 来場者にはマイナビ仙台のオリジナルTシャツ千枚を先着順でプレゼントする。会場の外には東北電力がブースを設け、同社のウェブサービスに登録した先着20人に記念品を贈る。
 会津バスは市内のJR会津若松駅と試合会場を結ぶバスを増便する。試合前は午前11時20分、午後0時5分、同20分、同50分に駅を出発する。
 観戦チケットの当日券はSゾーン指定席が大人2300円、小中高生700円、65歳以上1700円。自由席が大人1700円、小中高生700円など。問い合わせはベガルタ仙台事業課 電話022(216)1021へ。

■サッカー教室も

 試合終了後にはリオン・ドール招待の子どもサッカー教室が開かれる。マイナビ仙台のジュニアユースチームに今春入団した貝尾千夏選手(14)=会津若松市、会津学鳳中2年=が参加し、千葉泰伸女子育成部長兼ジュニアユースチーム監督やマイナビ仙台の選手とともに、技術指導やミニゲームなどで地元の児童と交流する予定。
 貝尾選手はフォワードで、日本サッカー協会のエリートプログラムのキャンプに招かれるなど注目の逸材。会津サントスFCを経てマイナビ仙台の門をたたいた。両親の支えで会津若松市から仙台市のチーム練習拠点に通っている。

福島民報社

最終更新:6/11(日) 10:57
福島民報