ここから本文です

「ミューズ展」の魅力紹介 県立美術館ギャラリートーク

6/11(日) 9:15配信

福島民報

 福島市の県立美術館で開催中の展示会「ミューズ まなざしの先の女性たち」の見どころを解説するギャラリートークは10日、館内で催された。
 ルネサンス期から20世紀までの女性を描写した、国立西洋美術館所蔵の絵画、版画、彫刻、指輪103点を展示している。ルノワール、ピカソらの作品が並び、学芸員が制作の背景などを説明した。
 会期は7月2日まで。開館時間は午前9時半から午後5時。観覧料は一般・大学生千円、高校生600円、小中学生400円。24日午後2時から高橋健一和歌山大准教授の講演を催す。聴講無料。
 問い合わせは県立美術館 電話024(531)5511へ。

■13日付本紙にお楽しみ企画 紙面持参者に記念品

 福島民報は13日付に、「ミューズ まなざしの先の女性たち」についてのお楽しみ企画を掲載する。掲載紙面を持参した観覧者に、同日から先着で県立美術館と福島民報社の記念品をプレゼントする。

福島民報社

最終更新:6/11(日) 11:01
福島民報