ここから本文です

【CMウオッチャー】1万人から選ばれたシンデレラ、13歳佳島みささんがヒロイン熱演

6/11(日) 14:22配信

産経新聞

 エフティ資生堂の制汗剤「シーブリーズ」のCMに出演している佳島みささん(13)が話題を集めている。佳島(かしま)さんは、1万人近い一般の女子中高生から選ばれたシンデレラガールだ。女優経験はないものの、宝くじ並みの倍率をかいくぐっただけあって、青春ラブストーリー仕立てのCMではヒロイン役を堂々と演じ、将来性を十二分に感じさせる仕上がりとなっている。

 新CMは、3月に放映され、若手人気俳優の広瀬すずさん(18)と中川大志さん(18)を起用した「デオ&ジェル すずの3分」篇の続編と位置づけられている。

 テーマは「等身大の恋物語」。体育館を舞台に、同じダンス部の先輩に思いを寄せる佳島さんの姿が、揺れ動く心を含め巧みに描写されている。相手役を演じるのは、ダンスロックバンド「DISH//」の北村匠海さん(19)。広瀬さんと中川さんも引き続き出演し、今回は2人の恋を応援する先輩役として脇を固めている。

 佳島さんは、今回のCMに合わせて行われたオーディションで、9598人の中から「シーブリーズ 青春のシンデレラ」に選ばれた。初のCM撮影となったが、「堂々と演技に臨む姿には本当に驚かされた。監督の注文にもすぐに応え、バリエーション豊かな表情を見せてくれた」と撮影スタッフ。撮影は終始、和やかな雰囲気の中で行われ、撮影が終了したころには出演者同士がすっかり打ち解け、体育館の隅で仲良くバスケットボールを楽しんでいたそうだ。

 シーブリーズはもともと「サーファー御用達」の制汗剤ブランドとして知られていたが、現在は中高生向けブランドに衣替え。CM効果も手伝い、ローションタイプの制汗剤ではトップシェア(市場占有率)を誇る。

 「さわやかで、メーンターゲットと年齢が同じ佳島さんには、商品への共感を高めてほしい」とエフティ資生堂。売り上げが増える夏場に向け、同社の期待は膨らむ一方だ。

※CM動画のアドレスは、http://www.seabreezeweb.com/cm/?rt_pr=tr841

最終更新:6/11(日) 14:22
産経新聞