ここから本文です

マカオ警察が無認可宿泊施設へ立ち入り検査、賭博目的の中国人密航者発見

6/11(日) 12:29配信

マカオ新聞

 マカオ治安警察局は6月8日午前11時頃、無許可宿泊施設である疑いがあるとしてマカオ半島新口岸地区コインブラ街のマンションの1室に立ち入り検査を行った。

 部屋の中にいた男子1名、女子3人について調査を行なったところ、このうち1人の中国江蘇省出身の無職の女(50)が密航者であると発覚。女は警察の調べに対し、賭博目的で6000人民元(日本円換算:約9万7600円)を支払って中国本土からマカオへ密航したことや、密航前に中国本土で友人からこの部屋の鍵を受け取り、無償で1ヶ月宿泊できると言われたなどと供述したとのこと。目下、警察が女を匿った関係者の行方を追っている。

 現場周辺は大型カジノ施設や雑居ビルが立ち並ぶ繁華街。

 マカオは1999年にポルトガルから中国に返還されたが、以降も独自の出入境管理を行っている。中国本土籍の旅客がマカオを訪れる際、香港マカオ往来通行証と呼ばれる渡航証とビザに相当する渡航許可を取得するのが一般的だが、およそ2~3ヶ月に1回7日間といったかたちで一定期間内の入境回数や滞在日数などに制限が設けられていることなどから、違法な就労や賭博、観光などを目的とした密航やオーバーステイが後を絶たない。不法行為を手引きする蛇頭も暗躍し、超過滞在者の隠れ家となる違法宿泊施設の存在なども社会問題化している。

最終更新:6/11(日) 12:29
マカオ新聞