ここから本文です

複は初コンビの藤原里華/岡村恭香が今季初優勝 [有明/女子テニス]

6/11(日) 0:00配信

THE TENNIS DAILY

「橋本総業 東京有明国際オープン」(東京都江東区・有明テニスの森公園コート/本戦6月6~11日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の本戦5日目は、ダブルス決勝とシングルス準決勝2試合が行われた。

ダブルスは細沼千紗と森崎可南子の大学生コンビが国際大会初優勝 [軽井沢国際女子]

 ダブルス決勝はノーシード同士の対戦となり、藤原里華(北日本物産)/岡村恭香(ストライプインターナショナル)が小堀桃子/高畑寿弥(ともに橋本総業ホールディングス)を6-2 6-0で下して優勝を果たした。試合時間は51分。

 今大会で初めてペアを組んだ藤原と岡村のコンビは、1回戦で林恵里奈(福井県体育協会)/梶谷桜舞(島津製作所)を2-6 6-1 [10-7]で、準々決勝で第3シードのニチャ・ラピタクシンチャイ(タイ)/ジェシー・ ロンピス(インドネシア)を6-3 6-3で、準決勝では第1シードの桑田寛子(島津製作所)/波形純理(伊予銀行)を7-6(6) 4-6 [10-8]で破って決勝進出を決めていた。

 藤原と岡村はともに、単複を通して今シーズン初のタイトル獲得となった。

 シングルスでは、第2シードのピアンタン・プリプーチ(タイ)が瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)を1-6 6-2 6-1で、予選勝者のタミ・パターソン(オーストラリア)は二宮真琴(橋本総業ホールディングス)を4-6 7-5 6-2で破り、決勝は海外勢同士の対戦となった。

 大会最終日の6月11日(日)は11時00分から、シングルス決勝が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

     ◇   ◇   ◇

【シングルス準決勝】

○14タミ・パターソン(オーストラリア)[Q] 4-6 7-5 6-2 ●4二宮真琴(橋本総業ホールディングス)

○32ピアンタン・プリプーチ(タイ)[2] 1-6 6-2 6-1 ●22瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)

--------------------

【ダブルス決勝】

○8藤原里華/岡村恭香(北日本物産/ストライプインターナショナル)6-2 6-0 ●13小堀桃子/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6/11(日) 0:00
THE TENNIS DAILY