ここから本文です

いとうあさこが「イッテQ」で最も過酷と感じたロケとは

6/11(日) 11:00配信

TOKYO FM+

鈴木おさむがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組、6月9日(金)の生放送では、お笑い芸人のいとうあさこさんが登場しました。

同日は「Yahoo! JAPAN」のサービス「Yahoo!知恵袋」とのコラボ企画「アノ人にコレを聞いてみたい!『アノコレ袋』」が行われました。この企画は事前に「Yahoo!知恵袋」でゲストへの質問を募集し「よんぱち」内で答えるというものです。

寄せられた質問は、いとうさんがレギュラー出演する人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に関するもの。いとうさんは同番組で体を張ったロケを何度も体験していますが、果たして最も過酷に感じたものはどのような企画だったのでしょうか……?

鈴木「明日、お誕生日とか。おめでとうございます」

いとう「すんまへん。47歳になります」

鈴木「47歳でしょ!? すごいと思う」

いとう「こんなだと思いませんでしたよね。幼い頃に考えた47歳と。昔だったら姥捨山に捨てられても……」

鈴木「なんてことを(笑)。さあ、コーナー行きましょう。質問たくさん来ていますけど、まずこれ。『イッテQで最も過酷だったロケはなんですか?』」

いとう「難しいですね。本当の恐怖でいったら、2時間くらい進んだ洞穴の奥にある推定80メートルの深さの縦穴に飛び込むっていう」

鈴木「うわー怖い!」

いとう「バンジージャンプ類ではちょっと……。見えないから怖いんです。(先に)見本の人が飛んでくれるんですけど、クレイジー・フォーリン・ピーポーですから。『ヒャッホー!!』とか言って飛び込むけど、1秒後には見えない。お手本にならない」

鈴木「(笑)」

いとう「後は食の気味の悪さでいえば、中国で男の子のおしっこをランダムに集めて、それで茹でたゆで卵で春の訪れを祝うっていう」

鈴木「本当にあるんですか?」

いとう「行ったら町中がおしっこ臭い。自分が健康だと自称する男の子が町のあちこちにある桶におしっこをして、それを集めてくるから本当に健康か分からないんですよ。1個むいただけで手がずっと臭いですから」

鈴木「あら」

いとう「文化だからオエッてするのも悪いし、って一瞬思ったんですけど、あれだけ広い中国であの小さな村1ヵ所でしかやっていないってことは、やっぱり広まらなかった風習だと思うとやめていいんじゃないかなと」

鈴木「それは大変ですね。バンジーは飛べるんでしたっけ?」

いとう「飛べないんですよ。突き落としていただくか、何かしらのハプニング的に落ちないと」

鈴木「うちの奥さんもそうだけど、バンジーはダメだけどスカイダイビングは……」

いとう「私、大島ちゃんにだまされたんですよ。あの怖がりの大島ちゃんが『スカイダイビングは全然別』だって言うから、私も安心しちゃって。飛び降りたら楽しくなかったです。ずっと泣いてた」

鈴木「はははは!」

いとう「後ろにくっついて一緒に飛ぶ外国人がまた『ヒャッホー!』とかくるくる回るから『やめろ』と。日本語で『私は怖い。やめろ。静かに降りろ』って。全然楽しくなかったから。私、あれもダメです(笑)」

(TOKYO FMの番組「よんぱち」2017年6月9日放送より)

最終更新:6/11(日) 11:00
TOKYO FM+

Yahoo!ニュースからのお知らせ