ここから本文です

「越前がに」効果!? ふるさと納税額が30倍

6/11(日) 8:55配信

福井新聞ONLINE

 福井県坂井市のふるさと納税の寄付額が急増している。4、5月の寄付額の合計は、前年同時期に比べ約30倍の2065万円(963件)。市は「返礼品の充実と、寄付を活用する事業の魅力度向上の効果」としている。

【図】ふるさと納税の仕組み

 9日開会した定例市会で坂本憲男市長が明らかにした。市企画情報課によると、昨年同時期は約66万円(13件)だった。

 市は、住民が提案した事業ごとに目標額を設定し、寄付を募る方式を採用している。昨年度まで返礼品は市内宿泊施設の利用券のみだったが、本年度はコシヒカリや若狭牛、越前がにといった市特産品などをメニューに加えるなど充実させた。

 市が本年度、寄付を募る事業は▽丸岡城址(じょうし)復元▽Uターン就職者の奨学金返済支援-など8事業。

福井新聞社