ここから本文です

自分と同年代の人たちはどれくらいもらってるの? 年齢・性別・学歴・企業規模別の「平均給与額」

6/11(日) 6:01配信

マネーの達人

自分と同世代の人と比較して、「自分の給与ってどうなの?」と疑問に思うことありませんか?

全ての画像を大きなサイズで見る(転載元記事へ)

ほかの人の給与額を直接聞くのは難しいものの、「平均的な金額」を知っておくのは大切なこと。

特に転職などを考えている人にとっては重要なポイントでもあります。

今回は「年齢別の平均給与額」について見ていきましょう。

年齢別の平均給与額ってどれくらいなの?

昭和23年から毎年厚生労働省が行なっている賃金構造基本統計調査。

ここでは平成28年の調査結果を参考に年齢別の平均給与額を見ていきましょう。

次の表は労働契約、労働協約あるいは事業所の就業規則などによって予め定められている支給条件、算定方法によって6月分として支給された現金給与額です。(手取り額ではなく所得税、社会保険料などを控除する前の金額)

企業の規模で賃金の差は大学・大学院卒では男性女性とも45歳程度から開いてくる傾向にあり、大企業と小企業の差が15万円以上違ってくるのが分かります。

高専、短大、高校、中学卒業が最終学歴のケースでは、だいたい50歳代以降に賃金の差が10万程度と一番大きくなり、その後は差が縮まります。

この調査では

・ 鉱業、採石業、砂利採取業
・ 建設業
・ 製造業
・ 電気、ガス、熱供給、水道業
・ 情報通信業
・ 運輸業、郵便業
・ 卸売業、小売業
・ 金融業、保険業
・ 不動産業、物品賃貸業
・ 学術研究、専門、技術サービス業
・ 宿泊業、飲食サービス業
・ 生活関連サービス業、娯楽業
・ 教育、学習支援業
・ 医療、福祉
・ 複合サービス事業
・ サービス業(他に分類されないもの)

以上16の産業別に年代別賃金が表示されています。

中でも幅広い年代で安定しているのが「教育、学習支援業」、「金融業、保険業」、「学術研究、専門、技術サービス業」です。

女性の賃金が安定しているのは「教育、学習支援業」、「情報通信業」、「電気、ガス、熱供給、水道業」となっています。

1/2ページ

最終更新:6/11(日) 7:17
マネーの達人