ここから本文です

20歳の新星オスタペンコ 四大大会初V、全仏OP史上初ノーシード優勝<女子テニス>

6/11(日) 0:47配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は10日、女子シングルス決勝が行われ、世界ランク47位のJ・オスタペンコ(ラトビア)が第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)を4-6, 6-4, 6-3の逆転で下して初優勝を果たし、四大大会初制覇を成し遂げた。ノーシードからのタイトル獲得は全仏オープン女子で史上初。

【ナダルvsワウリンカ 1ポイント速報】

決勝戦、第1セットを落としたオスタペンコは、第2セットもゲームカウント0-3とハレプにリードを許す。しかし、強烈なリターンエースを決め始めると勢いに乗り、セットカウント1-1に追いつく。

ファイナルセットは第7ゲームでブレークすると、その後も強打を武器にリードを守り、見事優勝を決めた。

今大会期間中に20歳の誕生日を迎えたオスタペンコは、今回がツアー初優勝。ラトビア勢の四大大会シングルス優勝は初となった。

一方、惜しくも全仏オープン初制覇とはならなかったハレプ。もし優勝していた場合、自身初の1位へ浮上することが確定していた。

tennis365.net

最終更新:6/11(日) 0:47
tennis365.net