ここから本文です

将来有望な若手が豊富なのはフランスやイタリアだけではない! イングランドがトゥーロン2連覇達成

6/11(日) 9:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

U-20W杯でも決勝へコマを進めているイングランド

10日にサッカーU-23世代によるトゥーロン国際大会の決勝が行われ、イングランド代表とコートジボワール代表が対戦した。

日本と同組のグループステージを全勝突破し、ベスト4でスコットランド代表に快勝したイングランド。一方、コートジボワールはフランス代表やチェコ代表を退け、決勝までコマを進めている。

そんな中キックオフされた試合は、立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けるイングランド。14分にダビド・ブルックスがゴールネットを揺らし、先制に成功する。その後は両チームが一進一退の攻防が繰り広げられるが、なかなかスコアが動かず。ただただ時間だけが過ぎ、イングランドがこのまま逃げ切るかと思われた。しかし、後半アディショナルタイムにPKを獲得したコートジボワール。アルノー・ロバがきっちり決め、最後の最後にスコアをタイに戻し、ホイッスルを迎えた。

この結果、80分間で決着がつかず、運命のPKへ。3人目までは両チームの全選手が成功し、迎えた4人目。先行のイングランドは、相手GKにコースを読まれながらもゴール左隅に決める。一方、コートジボワールはゴール中央からやや左の甘めのコースに放ったシュートが、GKに阻止され痛恨の失敗。そして、イングランドは5人目も冷静にPKを決め、5-3でコートジボワールとの激闘を制している。

U-20W杯と並行して行われた2017年のトゥーロン国際大会は、U-20W杯でも決勝へコマを進めているイングランドの連覇で幕を閉じた。フランス代表やイタリア代表が「将来有望な若手選手が豊富」と注目を集めているが、イングランドも彼らに引けを取らない若手がたくさんいることを証明した。

http://www.theworldmagazine.jp/