ここから本文です

マスコットの名は「ぽぽたん」 朝霞市がキャラお披露目、市のPRに

6/11(日) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県の朝霞市は、一般公募していた市のマスコットキャラクターの名前を「ぽぽたん」と決め、着ぐるみとともにお披露目した。市のキャラクター制作は市制施行50周年のシティプロモーション事業の一環。市は「今後はイベントなどに活用し、市のPRに取り組みたい」としている。

 「市シティプロモーション庁内推進会議」(議長、富岡勝則市長)が今年1月、キャラクターのデザインを市内の芸術家に依頼。市のキャッチフレーズ「むさしのフロントあさか」の要素を取り入れた武蔵野のタンポポの妖精をイメージしたデザインを決定した。

 3月中旬から1カ月間、デザインにふさわしい名前を全国から公募。応募された1188件のうち、最も多かった名前「ぽぽたん」を採用することを決め、5月末に開催された市制施行50周年記念式典でお披露目された。

 市によると、ぽぽたんは3月15日生まれの男の子。自然豊かな黒目川のほとりに咲くタンポポから生まれたという設定。綿毛を使ってふんわり移動し、みんなの気持ちに寄り添うのが特技。夢は朝霞のまちの魅力を世界中に届けることという。

最終更新:6/11(日) 10:30
埼玉新聞