ここから本文です

木の上にクマ...射殺処分 北塩原の雑木林で地元猟友会

6/11(日) 11:45配信

福島民友新聞

 10日午前10時5分ごろ、北塩原村桧原字剣ケ峯の雑木林で木に登っているクマを目撃した、と近隣住民女性から猪苗代署に通報があった。同署によると、同11時35分ごろ、地元猟友会を中心とする村有害鳥獣駆除隊が、体長85センチの雄のツキノワグマ1頭を射殺した。けが人はいなかった。
 現場は村役場合同庁舎の東側で、裏磐梯中と裏磐梯小まで国道459号を挟んで約100メートルの地点。クマが木から下りず、周囲に観光客が多いことから村が射殺を判断した。
 駆除に参加した地元猟友会の男性(67)は「小さいクマなので、近くに母グマやほかの子グマがいる可能性がある。人里に近づきやすくなるので、残飯などのごみを外に置かないで」と注意を呼び掛けている。

福島民友新聞

最終更新:6/11(日) 13:03
福島民友新聞