ここから本文です

65回目のPP獲得。ハミルトンにセナのヘルメット授与「全てのトロフィーを超越する特別なもの」

6/11(日) 7:45配信

motorsport.com 日本版

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、カナダGP予選でフェラーリのセバスチャン・ベッテルと激しい争いを繰り広げ、通算65回目のポールポジションを獲得した。ハミルトンはこの結果、伝説のアイルトン・セナとポールポジション獲得数で並ぶこととなった。

【写真】1987年のイギリスGPを走るアイルトン・セナ(ロータス99T)

 予選終了後、ターン2のスタンドの前でレース後のインタビューを行った際、ハミルトンはその功績を讃えられ、1987年ロータス時代にセナが実際に使用していたヘルメットをプレゼントされた。

 思わず言葉を失ったハミルトンは、すぐさまヘルメットに近寄り、台座からヘルメットを外した。彼はパドックに戻る前にヘルメットにキスし、トップ3の写真撮影やFIAの記者会見の場にヘルメットを抱えて参加した。

「今も震えているよ」とハミルトンは興奮を隠さずに語った。

「アイルトンは僕の人生に大きなインスピレーションを与えた人物だ。彼と渡り合い、こうしてこのヘルメットを受け取れたことは最高の栄誉だよ」

「彼の家族が僕に送ってくれたんだ。このヘルメットはレプリカなんかじゃないよ。このヘルメットは、今まで獲得してきたトロフィー全てを超越する特別なものになった」

「僕は彼の家族に敬意を表したい。こんなに幸せな気分になれるとは思いもよらなかった」

 またハミルトンは、41回目の勝利でセナの勝利数と並んだ時、他のセナの記録に挑戦することを目標にしていたことを認めた。

「少し前に僕はアイルトンの勝利数を上回ったんだ。その時から僕の目標になっていた。本当に素直な気持ちで、僕が幸運だったから、アイルトンの記録をなぞることができたのだと思うし、今こうしていることが本当に信じられないよ」

「学校から家に帰ってくると、アイルトンのビデオテープを見ていたことをよく覚えている。だから今ここにいて、多くのポールポジションを獲得できたことが本当に奇妙なことのように思える」

「そして今は僕のキャリアの中でも最も困難なシーズンにある。(隣のセバスチャン・ベッテルとバルテリ・ボッタスを指して)ふたりのような凄い奴らとキミ(ライコネン)とレースをして、接近戦を繰り広げているんだ。僕たちは全てにおいて限界までプッシュし、完璧であれるようやってきている」

「もちろん、常に完璧でいられるわけじゃないけど、でも今日の僕はそれに近くあれた」

 ミハエル・シューマッハーが記録しているポールポジションの数は68回であり、7度の世界チャンピオン記録と共に、それをターゲットにしているとハミルトンは言う。

 シューマッハーの記録に挑戦できるかどうか、ハミルトンに訊くと彼は次のように語った。

「まだその立場にないから何も言うことはできないし、この先を見ることなんてまだできない。今僕はこの瞬間に感謝しなければいけないと思う」

「アイルトンは初めて知ったF1ドライバーだ。その頃もこのカラーリングのヘルメットをかぶっていた。このヘルメットは子供時代を思い起こさせるよ」

「信じられないようなミハエルの記録に、かなり近いところにいれていると思うんだ。僕はきっと達成するよ。その時はそれを自分の名誉にするつもりだ。でもこれは今のところ仮の話でしかないけどね」

Glenn Freeman