ここから本文です

ホークス山田、今季初登板は5回100球1失点「久しぶりの登板で力んだ」

6/11(日) 15:36配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-阪神(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの山田が今季初登板初先発で今季初勝利の権利を手にして降板した。5回で100球を投げ4安打1失点。3点リードの5回に梅野に2号ソロを浴びたが、追加点は許さずこの回限りで降板した。初回の守備で柳田が右中間に飛んだライナー性の打球をダイビングキャッチ。2回には大和の左前打をつかんだ中村晃が、ダイレクト返球で鳥谷をホームで刺すなどバックの守りにも助けられた。

【写真】球団職員の新垣渚さんと再会して喜ぶ川崎

 「久しぶりの登板で力んでボールが浮いてしまった。ボールが先行して球数が増えたのは反省点だけど、持ち味の粘り強くゴロを打たせるピッチングはできたと思う。野手の皆さんに助けられ感謝しています」。打線の効果的な援護も受け、初回にデスパイネの中前適時打などで2点を先取し、3回も松田の適時二塁打で3点目。勝てば昨年6月7日のDeNA戦(ヤフオクドーム)以来の白星となる山田は、救援陣に託して試合を見守った。

西日本スポーツ

最終更新:6/11(日) 15:46
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 4:35