ここから本文です

レアル、デ・ヘアを諦め“コスパ抜群”のドンナルンマ獲得に切り替え! 英紙報じる

6/11(日) 13:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

若き天才獲得に動くか

高すぎる値段設定が、白い巨人の興味を逸らすことに繋がったようだ。

スペインの名門レアル・マドリードはかねてより今夏のGK獲得を最優先事項として掲げてきたとされ、その有力候補にはマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアの名前が挙がっていた。しかし、同選手に貼られた6500万ポンドという値札を一切値切る様子のないユナイテッドに呆れ、レアルはその矛先をミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマへ切り替えたと英『Mirror』が報道。この神童は18歳ながらすでにイタリアのA代表にも選出されており、今やワールドクラスの守護神とも謳われる才能豊かなタレントだ。ミーノ・ライオラ氏をエージェントに持つ同選手が現時点までミランとの契約延長を躊躇する理由として、背後にレアルとの接触があるのではないかとも報じられており、レアルとしてもデ・ヘアの半分以下で獲得できる“コスパの高さ”は魅力的なはずだ。

母国イタリアではジャンルイジ・ブッフォンの正統なる後継者としてその将来に期待が集まっているが、18歳にして世界最高クラブへ入団することになるのだろうか。デ・ヘアも含め、レアルとドンナルンマの動きに注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp