ここから本文です

フェデラー 約3カ月ぶりの公式戦へ、メルセデスカップに第1シードで出場<男子テニス>

6/11(日) 17:15配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

12日に開幕する男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)に世界ランク5位のR・フェデラー(スイス)が第1シードで出場する。フェデラーが公式戦に出場するのは3月のマイアミオープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000 )以来 約3カ月ぶり。

【ナダルvsワウリンカ 1ポイント速報】

今大会は上位4シードが1回戦免除のため、フェデラーは2回戦からの登場。初戦の2回戦では、ワイルドカードで出場のT・ハース(ドイツ)と世界ランク82位のPH・エルベール(フランス)の勝者と対戦する。

35歳のフェデラーは、今季初戦の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で7年ぶり5度目のタイトルを獲得。ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国 連邦/ドバイ、ハード、ATP500)では2回戦で敗れたが、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000) とマイアミ・オープンで2週連続の優勝を飾った。

しかし、その後は芝シーズンへ向けた調整と休養のために全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を含む全てのクレー大会を欠場していた。

今大会の上位シード勢は、第1シードがフェデラー、第2シードがG・ディミトロフ(ブルガリア)、第3シードがT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第4シードがL・プイユ(フランス)、第5シードがS・ジョンソン(アメリカ)、第6シードがM・ズベレフ(ドイツ)、第7シードがG・シモン(フランス)、第8シードがV・トロイキ(セルビア)。

昨年は、D・ティーム(オーストリア)がP・コールシュライバー(ドイツ)を逆転で下してタイトルを獲得した。

tennis365.net

最終更新:6/11(日) 17:15
tennis365.net