ここから本文です

菅田将暉、Mステソロ初出演のドキドキを吐露「あんなに緊張するんですね」

6/11(日) 13:05配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月5日(月)深夜放送の「菅田将暉のオールナイトニッポン」で、先日テレビ朝日系「ミュージックステーション」(Mステ)に、ソロ歌手として初出演したときの様子を語った。

菅田は、2013年公開の映画『共喰い』で日本アカデミー賞新人賞を受賞。今年2017年1月には、GReeeeNの大ヒット曲『キセキ』誕生に至る秘話を描いた映画『キセキ―あの日のソビト―』でメンバーを演じ、その歌声とパフォーマンスが注目を集めた。

劇中で演じたユニット「グリーンボーイズ」として、1月に放送されたMステに出演、そして半年ぶりに、待望のソロデビュー曲で、話題のCMソングでもある『見たこともない景色』をテレビで初披露した。

『いや、Mステでは終始緊張していました。前回はグリーンボーイズとして4人で出ましたが、今回は1人だったのでどうしていいか……。案の定、楽屋でギターの練習をしていたら弦が切れるし、リハーサルではイントロから歌に入る瞬間、イヤーモニターが外れるし。カメラのリハーサルだったのに。

でも、「頑張らな!」って思って円陣を組んだんですけれど、今思うとちょっとパニックだったんだろうね。仲のいい、後ろで演奏をしてくれているバンドメンバーに「円陣を組もう」って言って、みんな「おっ??」てなり、僕が自分で「菅田将暉ーー!ファイッ!」ってやった。あれは、何やったんや?(笑)。廊下ででっかい声を出して。あんなに緊張するんですね。

Mステでタモリさんが「スタンバイお願いします」って言って、アーティストが立ち上がるじゃないですか。
前回、ブルーノ・マーズさんが横にいらっしゃって、スタンバイで立ったあと、こっちに振り返って「Good luck」って言ったんですよ。あれ、カッコいー、やりたいーって思っていたものの、実際は「スタンバイお願いします」って言われたら緊張して「あ、は、はい~」って言って、「Good luck」のことはすっかり忘れていた。

歌い終わって、CMまでの尺の部分に、余裕のあるカッコいいミュージシャンは「ありがと~!Mステ!」って言ったりするじゃないですか?僕は歌い終わったあと、ずっと鼻をかいていたらしくて(笑)「なにを鼻かいてんねん、“ポリポリ”じゃないやろ!」って。もっと頑張っていこうと思いました。』

ニッポン放送