ここから本文です

スターリングはピンチだ B・シウバ獲得で激化するポジション争いにバーンズ氏「進歩が必要」

6/11(日) 18:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

2列目は豪華な陣容に

来季のプレミアリーグ制覇へ向けて着々と補強を進めるマンチェスター・シティは、今夏の補強第一号としてモナコからFWベルナルド・シウバを獲得した。シウバは2列目を主戦場とするレフティーで、マンCに特別なクオリティを与えてくれるだろう。しかし、そのぶんポジション争いは激しくなった。

イングランドがトゥーロン2連覇達成

元イングランド代表のジョン・バーンズ氏が危険だと感じているのは、ラヒーム・スターリングだ。スターリングはサイドプレイヤーだが、ここにはレロイ・サネ、今夏獲得したシウバ、ガブリエル・ジェズスも回すことが可能で、どんどん層が厚くなっている。実際スターリングは今季終盤戦をベンチで過ごしており、指揮官ジョゼップ・グアルディオラのファーストチョイスから外れてしまっている。

英『Daily Mirror』によると、バーンズ氏はスターリングがこの状況を打開するためにもっと成長する必要があるとコメントしている。

「ラヒームはシーズン終盤にベンチだった。今シティはシウバを獲得したが、これでどうなるかは興味深いね。ラヒームには素晴らしいポテンシャルがある。相手を容易くかわすこともできる。しかし、進歩が必要だ」

マンCはシウバの獲得でプレミアリーグ屈指の攻撃陣を持つチームとなり、そこでの競争は激しい。スターリングもグアルディオラの下で間違いなく成長しているのだが、不動のスタメンになるためにはもう少し変化が必要なのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合