ここから本文です

トッテナムには超攻撃的サイドバックが欠かせない ウォーカー売却時の代役をすでにリストアップ

6/11(日) 19:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ウォーカーにはマンCが興味

今季プレミアリーグで2位に入ったトッテナムは非常に攻撃的なチームだ。ハリー・ケイン、デル・アリらゴールゲッターはもちろんだが、見逃せないのはサイドバックの攻撃力だ。右のカイル・ウォーカー、左のダニー・ローズはプレミアリーグ屈指の攻撃力を持つサイドバックで、この2人の攻撃参加がトッテナムにとって大きな武器になっている。

酒井宏樹はもはや”世界レベルのSB”!?

しかし、ウォーカーには今夏マンチェスター・シティが狙いをつけている。プレミアリーグ屈指の攻撃型サイドバックを失うとなれば痛いが、すでにトッテナムは代役候補をリストアップしている。英『Daily Mirror』によると、そのリストの上位にいるのがPSGのセルジュ・オーリエだという。オーリエはコートジボワール代表の右サイドバックで、こちらもサイドバックとは思えないほどの攻撃力が武器だ。

あまり思い出したくない話だが、オーリエといえば2014ブラジルワールドカップの日本代表戦で2アシストを記録した選手で、その攻撃参加には日本も苦しめられた。ウォーカーの穴埋めとしては非常に魅力的な選手と言える。

また、トッテナムにはウォーカーのバックアッパーとしてキーラン・トリッピアーも控えている。トリッピアーも高精度のクロスを武器とするサイドバックで、今季もチームの攻撃を大いに助けている。トリッピアー、オーリエの2人が揃うのは非常に魅力 的だが、今夏ウォーカーを巡って大きな動きは起こるか。

http://www.theworldmagazine.jp/