ここから本文です

仏総選挙 第1回投票始まる

6/11(日) 20:51配信

ホウドウキョク

フランスでは、日本時間11日午後、国民議会総選挙の第1回の投票が行われている。選挙の結果は、5月に就任したばかりのマクロン大統領(39)が、安定した政権運営ができるかを左右する。
第1回投票は、日本時間の午後3時から始まった。
5月の大統領選で勝利した、中道系で無所属のマクロン大統領は、議会に支持基盤がなかった。
そのため、マクロン大統領が安定した政権運営を行うには、自身を支持する新たな政党「共和国前進」が、議会で過半数を獲得する必要がある。
「共和国前進」は、これまで政治経験のない立候補者が多いが、最新の世論調査では、過半数を占める勢いだと予想されている。
フランスの総選挙は、1回目の投票で過半数を獲得した候補が出た選挙区では、その候補者が当選し、いなかった選挙区では、12.5%以上の得票率を得た候補による決選投票が行われる。
1回目の投票の大勢は、11日夜にも判明し、決選投票は18日に行われる予定。

最終更新:6/11(日) 20:51
ホウドウキョク