ここから本文です

フラメンコと書の競演 砺波で糸魚川支援チャリティー

6/11(日) 1:12配信

北日本新聞

 糸魚川市大規模火災のチャリティー企画「エスペランサdeチューリップ 希望のチューリップ-フラメンコと書と日本酒の夕べ」が10日、砺波市三郎丸の若鶴酒造大正蔵で開かれ、来場者は地酒を味わいながら書とダンスの競演を堪能した。

 日本北陸書道院の理事長を務める青柳志郎さんの長女で書家の高木雛(ひな)さんが出演。書のパフォーマンスで「光」「花」の2文字を勢いよく書き上げた。

 「花」は、墨の代わりに砺波産チューリップの花汁を使い、チューリップ四季彩館に飾られる。

 フラメンコは、高木さんの息子夫婦、高木亮太さんと岡田麻里さんらが出演。希望をテーマに、激しく情熱的なステップを披露した。

 エスペランサdeチューリップ実行委員会主催、日本北陸書道院と北日本新聞社共催。収益金の一部と会場で集めた募金は、本社を通じて糸魚川市に寄付する。

北日本新聞社

最終更新:6/11(日) 1:12
北日本新聞