ここから本文です

岩瀬の町並み満喫 ぶり・ノーベル街道ウオークツアー

6/11(日) 13:48配信

北日本新聞

 「ぶり・ノーベル街道ウオークツアー2017」が11日、富山市岩瀬地区で開かれた。青空の下、200人がルートマップを手に、風情ある町並みを歩いた。

 岩瀬カナル会館を発着点に、森家や桝田酒造店、岩瀬小学校、諏訪神社などを巡る約5キロのコースで実施。地元の観光ボランティア「岩瀬案内グループ」のメンバーが解説し、参加者は地区の歴史や文化を学びながら回った。南砺市から参加した齊藤幸子さん(66)は「昔ながらの看板が残っていて懐かしさを感じた」と話した。

 ウオークツアーは本年度は3回予定し、残り2回は秋に行う。県、富山市、飛騨市、富山商工会議所、富山市南商工会、神岡商工会議所、古川町商工会、国交省富山河川国道事務所、北日本新聞社でつくる実行委員会主催。

北日本新聞社

最終更新:6/11(日) 13:51
北日本新聞