ここから本文です

阪神ドラ2・小野、6四球響き6回途中3失点 4度目先発もプロ初勝利ならず

6/11(日) 15:24配信

ベースボールキング

地元・福岡で先発も、立ち上がりから制球に苦しむ

 阪神のドラフト2位右腕・小野泰己が11日、ソフトバンクとの交流戦(ヤフオクドーム)に先発登板したが、四球絡みで6回途中までに3点を失い、プロ初勝利の権利を持たぬまま降板した。

 プロ4度目の先発は、地元・福岡のマウンド。同じく福岡出身・梅野とのバッテリーでソフトバンク打線に挑んだが、初回に2四球で一死一、二塁のピンチを招いたあと、4番デスパイネに先制の右前適時打を許した。

 さらに5番中村晃に3つ目の四球を与え満塁とされると、7番明石にも押し出し四球を与え2失点目。小野は3回にも四球絡みでピンチを招くと、6番松田に右中間フェンス直撃の適時二塁打を打たれ3点目を失った。

 4回と5回は3者凡退で乗り切ったが、1-3の6回は、二死二塁から9番甲斐にこの試合6つ目の四球を与え、阪神ベンチは継投策を決断。二死一、二塁のピンチを2番手・岩崎が凌いだが、小野は勝ち投手の権利も持たぬまま、5回2/3を4安打5奪三振6四球の内容で降板した。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 17:00

Yahoo!ニュースからのお知らせ