ここから本文です

イングランドがU-20W杯初優勝! 後半猛攻のベネズエラは一歩及ばず

6/11(日) 20:53配信

SOCCER KING

 FIFA U-20ワールドカップ韓国2017決勝が11日に行われ、U-20ベネズエラ代表とU-20イングランド代表が対戦した。

【動画】U-20日本代表、南米王者ウルグアイに惜敗…

 前半立ち上がりの10分、イングランドはペナルティエリア内右に抜け出したドミニク・ソランケが右足で狙ったが、うまくミートすることができず、GKに阻まれた。22分にはアデモラ・ルックマンが右足でミドルシュートを放ったが、ここもGKに阻まれた。

 対するベネズエラは24分、ゴールまでやや距離のある位置でFKを獲得すると、ロナルド・ルセナが右足を振り抜く。ブレ球のシュートがゴールを脅かしたが、惜しくも左ポストを直撃した。

 試合が動いたのは35分。エリア内に送られたロングボールを競り合ったドミニク・カルバート・ルーウィンがこぼれ球を右足ボレーで狙う。ここはGKに阻まれたが、弾かれたボールを自ら押し込み、イングランドが先制に成功した。

 後半に入り52分、ベネズエラはスルーパスに抜け出したセルヒオ・コルドバがGKと一対一のチャンスを迎えたが、シュートはGKにセーブされた。さらに74分、アダルベルド・ペニャランダがエリア内で倒されると、主審はPKの判定。だが、ゴール中央を狙ったペニャランダのキックはGKフリーデル・ウッドマンに阻まれた。

 終盤は1点をいかけるベネズエラが猛攻を仕掛けたが、最後までゴールを割ることができず、試合はこのままタイムアップ。前半のゴールを守り切ったイングランドが1-0で勝利を収め、U-20W杯初優勝を成し遂げた。

【スコア】
U-20ベネズエラ代表 0-1 U-20イングランド代表

【得点者】
0-1 35分 ドミニク・カルバート・ルーウィン(イングランド)

SOCCER KING

最終更新:6/11(日) 22:00
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1