ここから本文です

マンC同僚との接触で負傷退場のブラジル代表FWは眼窩骨折

6/11(日) 18:00配信

ゲキサカ

 9日にオーストラリアで行ったアルゼンチン代表との国際親善試合で負傷したブラジル代表のFWガブリエウ・ジェズスが左眼窩(がんか)骨折と診断されたことが分かった。『スカイ』が報じている。

 20歳FWは同試合に先発出場したが、試合終了間際にマンチェスター・シティでチームメイトのDFニコラス・オタメンディとの接触プレーで負傷。ストレッチャーに乗せられてピッチを後にしていた。

 試合後には骨折はないと診断されていたが、翌日精密検査を行った結果で骨折が判明した。ブラジル代表は13日にオーストラリア代表と国際親善試合を予定しているが、ジェスズはすでにチームを離れている。

最終更新:6/11(日) 18:00
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合