ここから本文です

ヤクルト初回に7得点大爆発、山田「気楽にいった」

6/11(日) 15:08配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ6-9ヤクルト>◇11日◇ZOZOマリン

 10連敗中のヤクルト打線が、初回に7得点と大爆発した。先頭の坂口智隆外野手(32)が右中間三塁打で出塁。2番上田剛史外野手(28)も左中間三塁打を放ち、先制した。上田は「打ったのはストレート。ショートゴロでも1点取れるので、そういう意識でいきました」と振り返った。

【写真】前日、山田は坂口の遊ゴロで三本間に挟まれタッチアウト

 続く3番山田哲人内野手(24)は、センターオーバーの適時二塁打を放った。「打ったのはストレート。外野フライでもいいケースだったので、気楽にいきました」と話した。さらに大引、中村にも適時打が飛び出し、上田はこの日2本目適時打を放つなど、打者12人で6安打、7得点を挙げた。

 交流戦では、ここまで11試合中10試合が2得点以下だった。久々に打線が活況を呈した。

最終更新:6/11(日) 17:09
日刊スポーツ