ここから本文です

UFCハント再起戦TKO勝ち!敗戦ルイス引退示唆

6/11(日) 15:51配信

日刊スポーツ

<米総合格闘技:UFCファイトナイト・オークランド>◇11日◇ニュージーランド・オークランド

 元K-1王者マーク・ハント(43=ニュージーランド)が地元マッチで再起戦を飾った。

 ヘビー級5分5回で、デリック・ルイス(32=米国)と対戦し、4回3分51秒、TKO勝ち。

 右ストレート、左右の連打など得意のパンチで攻め続け、打撃戦を制してルイスをレフェリーストップに追い込んだ。

 ハントは昨年7月、UFC200大会でブロック・レスナー(米国)に0-3で判定負けしたが、レスナーの禁止薬物使用によって無効試合となった。

 また今年3月のUFC209大会ではアリスター・オーフレイム(オランダ)との元K-1王者対決でKO負けしていた。

 勝利後、オクタゴンに2人の息子を招き入れたハントは「オレの現役生活はまだ続くようだ」と不敵な笑みを浮かべた。一方のルイスは「これが最後の試合になるだろう」と引退を口にした。

最終更新:6/11(日) 16:23
日刊スポーツ