ここから本文です

手しごと作品一堂に 黒石市中心街で催し

6/11(日) 10:37配信

Web東奥

 木工、陶芸、アクセサリーなど手しごとによる作品を展示・販売するイベント「こでんてん」(実行委員会主催)が10日、青森県黒石市中心部の中町こみせ通り周辺で始まった。全国各地の作家・職人43人が手掛けた自慢の作品に、来場者が見入った。11日まで。
 10日午前はあいにくの雨模様となったが、松の湯交流館、かぐじ広場、じょんがら広場、音蔵こみせんの各会場には、飲食も含めて計50以上のブースが並んだ。来場者はお気に入りの一品を見つけては、手に取ってじっくり品定めした。
 弘前市の三上彩実さん(26)は「手の込んだ品物が多く目移りしてしまう。会場(松の湯交流館)の雰囲気も良かった」と満足そうな表情を浮かべた。
 会場には組子、万華鏡、土笛などの制作体験ができるワークショップも設けられた。

東奥日報社

最終更新:6/11(日) 10:37
Web東奥