ここから本文です

【J-NETWORK】戦う女子高生ヒロインが王座決定トーナメント出場

6/12(月) 11:49配信

イーファイト

 6月25日(日)東京・新宿FACEにて開催される『J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~4th』の追加対戦カードが決定した。

【フォト】空手仕込みの蹴り技を得意とする真優

 今大会で開幕するJ-GIRLSフライ級王座決定トーナメントの1回戦として、梅尾メイ(TEAM BARBOSA JAPAN)とJ-GIRLSフライ級9位・真優(まひろ/月心会)が対戦する。

 梅尾は『DEEP』で一時代を築いたMMA(総合格闘技)ファイターのTAISHOが育て上げたキックボクサー。パンチを主体にガンガン前に出るファイトスタイルを特徴とする。DEEPやシュートボクシング(2016年10月にMIOと対戦して判定負け)を主戦場としており、実力が認められて今トーナメントへ抜擢となった。

 対する真優は昨年4月にプロデビューした、17歳の現役女子高生。空手仕込みの打撃を武器に、プロ第1戦目は一回り以上年上の外国人ファイターを相手にドローを演じる健闘を見せた。昨年8月に行われた「J-GIRLSフライ級ニューヒロイントーナメント」では、優勝候補と目されていた山口遥花から2Rにダウンを奪い優勝。ニューヒロインの座を射止め、J-GIRLSフライ級にランクイン。その時には「今後は女子高生として最強を目指し、格闘技界を引っ張っていける選手になりたいです」とマイクアピールした。

 この試合の勝者と、同日に同じくトーナメント1回戦を争うJ-GIRLSミニフライ級6位・三堀“SMILE”美弥子(Y'ZD GYM)vs同級8位・白石瑠里(新日本・藤本ジム)の勝者が後日決勝戦を争う。

最終更新:6/12(月) 11:49
イーファイト