ここから本文です

【ルマン24時間】日産/NISMOがエンジン供給で復帰、LMP1クラスに

6/12(月) 0:15配信

レスポンス

日産自動車とNISMO(ニスモ)は6月8日、2017年のルマン24時間耐久レースに、エンジン供給という形で復帰すると発表した。

日産とNISMOと2015年シーズンを最後に、ルマン24時間耐久レースおよび世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスへの参戦を中止。エンジンのみの供給ではあるが、日産/NISMOのルマン復帰は、2年ぶりとなる。

今年のルマン24時間耐久レースでは、LMP1クラスのバイコレス(ByKolles)レーシングチームが、日産/NISMOの「VRX30A evo」型3.0リットルV型6気筒ターボエンジンを搭載する予定。Oliver Webb、Marco Bonanomi、Dominik Kraihamerの3選手が、ドライブする計画。

また、LM P3クラスは、日産/NISMOがエンジンサプライヤーに。「Road to Le Mans」レースに参戦するGT3レーシングカーをサポートする。34台のマシンに、日産/NISMOのVK50エンジンを供給していく。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/12(月) 0:15
レスポンス