ここから本文です

上半期のけがれをはらう「夏越の大払・茅の輪神事」6月30日開催 <三嶋大社>【三島市】

6/12(月) 9:38配信

伊豆新聞

 三嶋大社は30日午後2時から、大払式<夏越(なごし)の大払・茅の輪神事>を行います。大払式は、上半期の終わりに当たり、半年の汚れを払う神事で、茅の輪をくぐり無病息災を祈るのが目的。<写真特集・昨年の様子>

【写真特集】昨年の様子

 境内にある<大社のよりどころ>では、縁起餅として知られる「福太郎餅」が名物。生命力と宿すという餅と、邪気を払うとされるヨモギを使用した一口サイズの草餅で、烏帽子の形にした甘さ控えめのこしあんで包んであります。

 福太郎餅2個と、沼津市愛鷹(あしたか)山麓で栽培された「ぬまづ茶」が付いて200円。

 持ち帰り用12個入り(950円)に封入されたリーフレットには、東海道五十三次や江戸名所百景などで知られる浮世絵師・安藤広重(歌川広重)が描いた「お田打ち」の絵が表紙となっています。

 店内には富士山グッズや地ビールなどの土産物も充実。

◆開催日/2017年6月30日(金)

◆開催時間/午後2時~

◆場所/三嶋大社

◆申し込み・問い合わせ/055-975-0172<三嶋大社祭儀課(さいぎか)>

◆駐車場/普通車55台・バス13台(普通車200円/1時間・バス1000円/1時間)

最終更新:6/12(月) 17:07
伊豆新聞