ここから本文です

歌に朗読劇に脱出ゲームまで! 『めがみめぐり』ファンミーティングイベント“めがみめぐり祭 2017 水無月 ~ヌシ様、探し物です~”昼の部リポート

6/12(月) 5:42配信

ファミ通.com

文・取材:ライター ギャルソン屋城

●“めがみ”たちは、あなたのすぐそばに!(物理的に)
 カプコンより、ニンテンドー3DSシリーズで配信中のコミュニケーションゲーム『めがみめぐり』。同作の初となるファンミーティングイベントが、2017年6月11日、東京・レフカダ新宿にて開催された。本記事では、昼夜公演のうち、昼の部の模様をお届けしよう。

 メインMCは、ネットラジオ『めがみめぐりのらじおめぐみ』でもおなじみの、伊藤彩沙さん(ツクモ役)と尾崎由香さん(アマテラスオオミカミ役)。そしてゲストに佐々木未来さん(アメノウズメ役)を迎え、トークあり朗読劇あり、観客参加型ゲームあり、さらには歌ありの、濃厚な2時間が展開された。また、ステージと観客席の距離が近く、ファンたちは間近で“マジ女神”たちのパフォーマンスを楽しむことができたと言える。

 イベントは、朗読劇から幕を開ける。

 新宿にやってきたツクモとアマテラス。たくさんの高層ビルを見て、ツクモが驚いたりボケたりするのにアマテラスがツッコみながら、ふたりは“芸能の神社”としても有名な花園神社へ。ちなみに本物の花園神社も、今回の会場の目と鼻の先にある。

 そこで“芸事のめがみ”ウズメと合流し、3人で新宿御苑へ行くことに。もちろん、「記念撮影にはもってこいの場所!」と、ゲームのウリである観光スポットでの撮影機能のアピールも忘れない。

 地下鉄ではなく、地下道を通って新宿御苑に着いた3人だったが、ツクモにある異変が……。なんと、途中で“勾玉”を落としてしまい、人語が話せなくなってしまったのだ!
(編集部注:ツクモは生まれたばかりで、人間の言葉がわからない。そのため、アマテラスがヌシ様=プレイヤーと会話ができるように、自動翻訳装置である勾玉を与えたという設定があるのだ。ちなみに、ゲーム内ではアクセサリーに勾玉をつけていなくても、会話には問題ない!)

 落としてしまった勾玉を見付けるべく、アマテラスとウズメは、会場に集まったヌシ様たちに協力を求めるのだった……。

 そして協力を求められたヌシ様=観客たちには、1枚の神、もとい紙が配られる。そこに書かれていたのは、いわゆる“脱出ゲーム”の問題。それらを解いて、ツクモのピンチを助けるアイテムを見付けだそう、ということなのだ。

 問題が配られた後、伊藤さん、尾崎さん、佐々木さんは、会場限定で販売されていたオリジナルドリンクのテイスティングを始めたのだが、問題を解くのに夢中になった観客が一斉に下を向いてしまっていて、思わず慌てる……というハプニングも。将棋指しに詰め将棋、ゲーム好きに脱出ゲームは本当によく効く!

 朗読劇の後編&問題の解答編はイベント後半に。

●初披露3連発! ライブコーナー
 休憩を挟んで、伊藤さん、尾崎さん、佐々木さんによる、それぞれのキャラクターソングのライブコーナーへ。

 伊藤さんは『ここからのスタート』、尾崎さんは『I'm サンシャインガール』、そして佐々木さんは『徒然に…』と、発売中のキャラクターソングCDに収録された、それぞれの楽曲を披露。

 じつは、『めがみめぐり』のキャラクターソングをファンの前で直接披露するのは、このイベントが初めてだという3人。時折見せる初々しさがたまらない、フレッシュな伊藤さんと尾崎さん、見事にしっとりと歌い上げる“先輩”佐々木さんと、歌同様にさまざまなパフォーマンスが楽しめた。

 続いて、イベント前に募集されていた“ツクモコーディネートコンテスト”の結果発表。最終選考に残った6点の候補の中から、3人によって“ツクモ賞”、“アマテラス賞”、“ウズメ賞”が選出された。

 昼の部で選ばれたのは以下の3点。プレイヤーの自由にはならない髪型などもうまく合わせていて、ファンの心意気が感じられた。そういったところをサボらないのが、評価されるコツなのだろう。

●答えは“○○○の○○○”!
 2回目の休憩時間を挟み、いよいよイベントも後半戦へ。

 まずは朗読劇の後半、兼問題の解答編から。手を変え品を変え、ウズメが「○○の舞で探しましょう」と提案してくるもアマテラスは却下し、やはり会場のヌシ様たちに探してもらうことに。

 観客たちに求められていたアイテムとは……?

 すると、いきなり明かりが落ちて会場が真っ暗に。そこで暗闇を照らしたのは、観客たちのスマホのライト! そう、問題の答えは“スマホノライト”だったのだ。休憩時間に尾崎さんが「スマートフォンを用意しておくといいですよ」というヒントをくれていたりもしたのだが、会場内のほとんどの人が解答までたどり着いていたようで、たくさんのライトが焚かれていた。

 そして無事に勾玉を発見できたツクモ。再び人語がしゃべれるようになり、「ビルの上にも三年」など、ゲームではおなじみのボケも飛び出していた。

 今回、会場でのゲームを通じて多くのヌシ様の思いを集めることができたツクモに、アマテラス&ウズメからもお褒めの言葉が。会場中の母性や父性がくすぐられた、温かい雰囲気の中、最後はツクモの名ゼリフ「もっともっと教えてください、ヌシ様のこと!」で朗読劇は締めくくられた。

 約2時間に渡ったイベントも、いよいよフィナーレへ。今回の伊藤さん、尾崎さんの衣装は、2017年4月30日に行われた“ミルキィホームズ&ブシロード10周年&スクフェス4周年記念ライブ in 横浜アリーナ”で着ていたもの。ライブでそのクオリティーの高さを見ていた佐々木さんも、「負けないように」と気合を入れて用意したらしい。

 ステージ上でも仲のよさを見せていた3人だが、この組み合わせでイベントをするのは初めてとのことで、その意味でもファンにとっては新鮮な光景が見られたのはないだろうか。

 最後に、ゲームのメインテーマである『めがみめぐり』を3人で歌い、「また“私たちめぐり”してください!」というコメントとともにイベントは終了した。今回のタイトルに“水無月”とあるからには、また月を変えての開催もあるのだろうか……?

 なお、このイベントで、2017年6月28日発売のキャラクターソングCD第3弾のリリースイベント開催が発表された。7月23日にAKIHABARAゲーマーズにて、ソトオリヒメ役の大塚紗英さんが出演して行われる。詳細は『めがみめぐり』公式サイトで6月12日より公開。

最終更新:6/12(月) 5:42
ファミ通.com