ここから本文です

春のスプリント王セイウンコウセイが登場/函館スプリントSの見どころ

6/12(月) 10:00配信

netkeiba.com

 今年の高松宮記念を制したセイウンコウセイが登場。休み明けの一戦を制することができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■6/18(日) 函館スプリントS(3歳上・GIII・函館芝1200m)

 セイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)は高松宮記念を制し、今春のスプリント王に輝いた。函館コースは初めてとなるが、稍重の前走で完勝しているところを見るに、洋芝への対応は問題なさそう。斤量も56キロにとどまっており、ここは休み明けでも負けられないところだ。

 シュウジ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は高松宮記念で15着と大敗してしまったが、結果的に先行勢がほとんど沈んだように、前半で脚を使いすぎてしまったのだろう。昨年の本レース、キーンランドCで続けて2着に入った洋芝での巻き返しを期待したい。武豊騎手との新コンビにも注目。

 その他、この条件得意なクリスマス(牝6、美浦・伊藤大士厩舎)、斤量50キロが魅力の3歳牝馬ジューヌエコール(牝3、栗東・安田隆行厩舎)、洋芝で重賞2勝のブランボヌール(牝4、栗東・中竹和也厩舎)、前走を勝って健在ぶりをアピールしたエポワス(セ9、美浦・藤沢和雄厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

最終更新:6/12(月) 10:15
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ