ここから本文です

仮面女子候補生に野咲わから3人が昇格 元巫女さんが魔女に!?

6/12(月) 11:17配信

東スポWeb

 最強の地下アイドル・仮面女子の候補生に上地じゅん(17)、胡桃そら(20)、野咲わか(21)の3人が研究生ユニット「スライムガールズ」から昇格する。11日、東京・秋葉原の仮面女子カフェで発表された。

 スラガは2部公演のトリで登場。ライブ後の「組閣」(昇格発表)で、多くのファンと仮面女子メンバーらが見守るなか、上地と胡桃は候補生ユニット「ぱー研!」、野咲は「OZ」への加入が決まった。

「ぱー研!志望だったのでうれしい」と語る上地は、今年3月のデビュー直後にセンター就任とあって、昇格への期待度は高かったが、「自信は20%くらいでした。泣かないと決めていたので、ステージをはけてから泣きました」と明かした。胡桃は念願のぱー研!昇格に「一番かわいい衣装を着れることになってうれしい」と喜んだ。

 4月30日のライブでデビューした野咲は発表の瞬間「ほんまですか?」と口にした。「頭の中が真っ白になって、何を言ったかも覚えていなかった」とスピード昇格が信じられない様子。それでも「レベルの高い候補生さんに追いつけるよう頑張ります」と意気込んだ。また、オズの魔法使いをコンセプトとする「OZ」について「それぞれ衣装に合った個性があるので、早く慣れたい」とコメント。元巫女の経歴を持つが「希望するてんとう虫の衣装は現メンバーが着ているので…悪い魔女になりたい!」と、魔女への変身を宣言した。

 発表後、仮面女子・スチームガールズの猪狩ともか(25)は昇格メンバーに「候補生になると環境がガラッと変わり、大変なことも増えていく。自分に負けちゃって卒業という道になった子も見てきたけど、自分の意思を貫き、たまには甘えて、自分だけで頑張ろうとせずに、上(仮面女子昇格)を目指して頑張ってほしい」とアドバイス。選ばれなかったメンバーには「悔しいと思うけど、ここで諦めないでほしい」と声をかけた。昇格まで時間がかかった苦労人とあって「同期や後輩に先を越され、自分が後輩になってしまったけど、今はこうして楽しく活動できている。私は今年26歳になるけど、年齢とか考えず頑張って、後輩たちの希望の光になるつもりです。この悔しさを糧に頑張ってほしい」とエールを送った。

 3人の候補生ユニットへの加入日は後日発表される。

最終更新:6/12(月) 11:21
東スポWeb