ここから本文です

【RIZIN】那須川天心vs才賀紀左衛門は1Rキック、2R総合のミックスルール

6/12(月) 17:20配信

イーファイト

 7月30日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-』の公開練習&記者会見が、6月12日(月)都内にて行われた。

【フォト】那須川が世界王座を防衛した直後、才賀が対戦をアピール

 対戦が発表されていたISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者・那須川天心(TARGET)vs才賀紀左衛門(才賀紀左衛門道場/Me ,We)は、1Rがキックボクシングルール、2RがMMA(総合格闘技)ルールとなるミックスルールで行われることが決定。

 試合は5分2R、57.0kg契約、ヒジ打ちなし。1Rのキックボクシングルールではキックボクシング用のグローブを着用し、一度のつかみ(首相撲や相手の蹴り足をキャッチするなど)につき一度だけ攻撃が認められる。1Rで決着がつかなかった場合は、90秒のインターバルでMMA用のオープンフィンガーグローブに付け替え、2RはMMAルールとなる。

 2Rでも決着がつかなかった場合は判定はなくドロー。ただし、試合中にイエローカード(反則)が出た場合は、その枚数により一方を優勢勝ちとする。使用するキックボクシンググローブのオンスは調整中。

 会見に出席した榊原信行RIZIN実行委員長は、ミックスルールが採用された経緯を次のように説明した。

「ファンや関係者からいろいろな意見、アイデアをいただきました。主催者としてどのルールで戦わせるのか悩みましたが、みんなが見たいのは2人のド突き合いです。キックルールでド突き合う、でもMMAでも戦って欲しいので皆さんの意見を加味してミックスルールにしました。ファンが見たいものを確実に見せられるルールだと思います」

 このルール決定を受けて那須川は、「2Rありますが2Rはいらない。1Rで倒すつもりで行きます。もし2Rになってもしっかり打撃を見せて、メインを喰ってやる試合、大会一の試合にします」と、1RでのKO宣言。

 対する才賀は「天心は天才やと思うし、俺は天心のファンなので試合が出来るのは嬉しい。でも、俺も立ち技出身なので立ち技でやられる気はしない。1Rから倒しに行って、2RになったらMMAでは俺の方が先輩やからMMAの厳しさを教えてやる」と、キックルールでもMMAルールでも負けないと語った。

最終更新:6/12(月) 17:20
イーファイト