ここから本文です

的場文男騎手が7000勝を引っさげて地元凱旋!佐賀競馬・里帰りジョッキーズC

6/12(月) 10:09配信

netkeiba.com

 夏恒例、全国の地方競馬で活躍する九州出身騎手の招待競走「COMEHOME九州 里帰りジョッキーズカップ」が、今年も佐賀競馬場で開催されることが発表された。

【写真】 的場文男騎手「この歳まで乗っていて本当に良かった」

 今年5月17日に「地方競馬通算7000勝」の金字塔を打ち立てた的場文男騎手は、記録達成後で初の地元九州での騎乗となる。12年連続12回目の出場と、このシリーズの常連となっている的場騎手は福岡県出身で、佐賀競馬に所属していた的場信弘元調教師は兄にあたる。

 昨年の「里帰りジョッキーズカップ」では総合優勝。北海道所属の服部茂史騎手と同ポイントで並ぶデッドヒートだったが、規定により第2戦の着順が上位の的場騎手が優勝となった。表彰式では「来年も来ますのでご声援よろしくお願いします」とのコメントを残していたが、9月には61歳を迎える今年もその宣言通り「里帰り」することとなった。

【実施日】
7月9日 第7回佐賀競馬第4日

【レース】
[1]ウエルカムカップ(ダ1400m)
[2] ホームタウンカップ(ダ1800m)

上記2レースの合計得点で上位3名の騎手に表彰を行う。

【招待騎手】
※騎手名(所属)・出身地
服部茂史(北海道)・福岡県
的場文男(大井)・福岡県
真島大輔(大井)・佐賀県
川原正一(園田)・鹿児島県
丸野勝虎(名古屋)・鹿児島県
左海誠二(船橋)・長崎県
※佐賀代表騎手(4名)は後日発表

最終更新:6/12(月) 10:09
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ