ここから本文です

ecbeing、ECソリューション市場占有率で9年連続シェア1位を獲得

6/12(月) 10:26配信

ネットショップ担当者フォーラム

ECサイト構築パッケージの大手ecbeing(イーシービーイング)は6月12日、富士キメラ総研社発行の「富士マーケティング・レポート」2016年版のECソリューション市場占有率で、すべての商材カテゴリ、ユーザーEC事業規模で9年連続シェア1位を獲得したと発表した。

ecbeingはECシステムの開発を400人体制で行い、100人以上でマーケティング面もサポートしている。デザイン・サイト分析・広告運用など、システム構築後の売上アップといった支援も手がける。

9年連続でシェア1位を獲得したことについて、ecbeingは「(アパレルや健康・美容関連品などにおいて)オムニチャネルや越境ECなどのトレンドに対する意識が強く、EC事業社のeビジネスをトータル支援する体制がecbeing導入の拡大につながっている」とした。

ecbeingは2017年2月、SaaS版「ecbeing SaaS」の提供を開始。4月にはクレジットカード情報保護のための国際的な情報セキュリティ基準「PCI DSS」に準拠したオプションサービスの展開もスタートしている。

ecbeingの導入サイトは、ナノ・ユニバース、ビームス、エービーシー・マート、メガネスーパーなど中堅・大手向けで1000サイトを超える。