ここから本文です

【シンガポール】金融庁と米州連盟、フィンテック振興で提携

6/12(月) 11:30配信

NNA

 中央銀行に当たるシンガポールの金融管理庁(MAS)は9日、米州銀行監督者連盟(ASBA)とフィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)分野での相互協力に関する覚書を交わした。
 ASBAに加盟する北南米諸国とシンガポールが共同で、ブロックチェーン(分散型台帳)やビッグデータといったフィンテック関連の新技術開発に取り組むことを促す。また、最新の業界動向や最先端技術などの情報交換も進める方針だ。
 MASのソプネンドゥ・モハンティ最高フィンテック責任者は、「フィンテックの中核を成すのは、国境を越えて取引する企業と、それに伴うビジネスのアイデアだ。今回の覚書締結を通じて、双方の地域でフィンテック産業のエコシステム(複数の企業・団体が共存共栄する仕組み)構築を促進したい」と話した。

最終更新:6/12(月) 11:30
NNA