ここから本文です

2パターンのクラブ構成で今季3勝目 キム・ハヌルの優勝セッティング

6/12(月) 15:58配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

日時:2017年6月8日(木)~11日(日)
開催コース:六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)
優勝者:キム・ハヌル

【画像】これが“スマイルクイーン”の笑顔だ!

3打差の単独首位からスタートしたキム・ハヌル(韓国)が2バーディ、1ボギーの「71」でプレーし、通算15アンダーで逃げ切り優勝。堀琴音に接戦にもつれこまれながらも1打差で逃げ切り、今季の目標としていたシーズン3勝目に早くも到達した。

クラブセッティングは今季2勝目を挙げたメジャー戦「ワールドレディス サロンパス杯」から大きな変更はないが、5Iを抜いて本間ゴルフ『TW737 ユーティリティ』のロフト19度を採用。キムはコースや自身の調子によって5Iと19度のユーティリティを使い分けており、1勝目の「サイバーエージェントレディス」は今週と同じクラブ構成だった。


<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー: 本間ゴルフ TW727 455 ドライバー (9.5度)
※シャフト:本間ゴルフ VIZARD YA55(硬さR  長さ45インチ)
フェアウェイウッド:本間ゴルフ TW737 フェアウェイウッド (3番15度)
ユーティリティ:本間ゴルフ TW737 ユーティリティ (19度、22度、25度)
アイアン:本間ゴルフ ツアーワールド TW737 Vs アイアン (6番)、 本間ゴルフ ツアーワールド TW737 V アイアン (7番~10番)
ウェッジ:本間ゴルフ TOUR WORLD TW-Wウェッジ (48度、52度、58度)
パター:オデッセイ オー・ワークス パター Rライン CS
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR ボール(2015年)