ここから本文です

深層学習ソリューションの提供に向けマイクロソフトとPFNが協業

6/12(月) 9:10配信

MONOist

 日本マイクロソフトは2017年5月23日、米マイクロソフトとPreferred Networks(PFN)が、実社会における人工知能や深層学習の活用を推進するため、ディープラーニングソリューション分野で協業することを発表した。今後、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」とPFNの深層学習テクノロジーを連携させ、各業種業態に向けた深層学習ソリューションを提供する。

 今回の協業により、両社はテクノロジー、人材育成、マーケティングの3つの軸で連携を進める。テクノロジーの分野では、Microsoft AzureのIaaS(Infrastructure as a Service)とPFNの深層学習フレームワーク「Chainer」の親和性を向上させ、Chainer/ChainerMN(Multi Node)をワンクリックでAzure IaaS上に展開する「Azure Template」を同年夏より提供する。また、「データサイエンスVM」へのChainer搭載、「Azure Batch Services」「SQL Server」のChainerへの対応、ChainerのWindows対応などを進める。

 現在、ニューラルネットワークの開発ではスクラッチ開発が主流だが、高度な技術的知識や大きな投資が必要とされ、標準化されたソリューションへの移行が求められている。これに対応するため、Microsoft Azureのデータ収集分析サービスとPFNの深層学習プラットフォーム「Deep Intelligence in-Motion(DIMo)」を組み合わせ、同年中に特定のワークロードや業種向けソリューションを提供する。

 人材育成分野では、大学生や企業内のエンジニア、研究者向けのデータサイエンス人材のトレーニングプログラムを同年中に提供する。高等教育機関向けには、政府機関などのデータ関連人材育成プログラムへの参加を検討する。プログラムは、ニューラルネットワークの基礎のほか、深層学習の実ビジネス事例から応用方法を学ぶ上級クラスまでを提供。各トレーニングを通して、3年間で5万人の人材育成を計画している。

 マーケティング分野では、各業種に向けたワークショップを同年夏に開始。Microsoft Azure/Chainer/DIMoを活用した成功事例を紹介し、ビジネス課題の解決に深層学習が有効かを判断する材料を提供する。他に、Chainer/DIMoが提供する深層学習テクノロジーをAzure基盤上に搭載することで、顧客の基盤システムに組み込めるエンドツーエンドソリューションも提供する。

 さらに、深層学習でビジネス課題を解決したい企業と深層学習のコンサルティングなどを行う企業とのマッチングの場として「Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)」を発足。同年6月19日と7月25日に説明会を開催する。

 PFNは、IoT(モノのインターネット)にフォーカスした深層学習技術のビジネス活用を目的として2014年に創業した日本発のベンチャー。最先端の深層学習技術を提供するDIMoプラットフォームをベースとしたソリューションの開発/提供に取り組んでいる。

最終更新:6/12(月) 9:10
MONOist