ここから本文です

サーバー10万台規模の自社クラウドを持つヤフーがなぜAzureを?

6/12(月) 12:00配信

アスキー

「de:code 2017」でヤフーがOpenStackプライベートクラウド環境に構築したCloud FoundryアプリケーションをAzureへ展開した事例を紹介。
日本マイクロソフトは5月23日~24日、開発者向けイベント「de:code 2017」を開催した。24日のテクニカルセッションに、ヤフー システム統括本部 プラットフォーム開発本部 本部長の服部典弘氏が登壇。ポータルサイト「Yahoo!Japan」のサービス基盤として採用しているCloud Foundryの環境を、Azureへ展開した事例について紹介した。
 Yahoo!Japanは、言わずと知れた日本最大級のポータルサイト。月間ページビューは698億(2016年4月~6月平均)、アプリ累計ダウンロード数は3億8000万以上(2016年3月末時点、App Annie調べ)、月間アクティブユーザーID数3430万(2016年6月末時点)、1日あたりのユニークブラウザー数9000万(2016年4月~6月平均)に上る。
 
 この巨大ポータルサイトから、常時100以上のサービスが新旧入れ替わりながら提供されている。「楽天などは開発言語をRubyに統一していますが、Yahoo!Japanのサービスは、C、C++、Perl、PHP、Node.js、Javaなど開発言語がさまざま。また、YahooショッピングなどEC系の大規模サービスから、試験的にスモールスタートするサービスまで、規模もアーキテクチャもざまざまです」と服部氏。各サービスの規模やビジネスモデルが異なるため、共有の開発言語やフレームワークで統一することが難しいという。
 
 Yahoo!Japanのサービスのインフラとして、同社は複数の自社データセンターを運用し、10万台以上のサーバーを有している(2015年6月末時点)。このプライベートクラウドはIaaS層をOpenStackで構築しており、従来は、サービス開発チームごとに仮想的なハードウェアを切り出して渡し、各チームが自由にOSやミドルウェア、ランタイム、アプリケーションを構築してサービス基盤として運用していた。
 
 これは、各サービスのエンジニアが、好みの開発言語やデータベースを使えるようにするための運用だったが、「インフラにインシデントが発生した際に、社内に2000人いる全サービスエンジニアが一斉に手を止めてインフラに対応する必要がありました。脆弱性対応のためのソフトウェア更新作業も大変でした」(服部氏)。
 

1/2ページ

最終更新:6/13(火) 12:13
アスキー