ここから本文です

日立建機、ハイブリッド油圧ショベル9月発売 対象拡大の排ガス規制適合

6/13(火) 8:15配信

SankeiBiz

 日立建機は12日、電気モーターとエンジンを組み合わせたハイブリッド油圧ショベル「ZH200-6」を9月1日に国内で発売する、と発表した。9月から対象が拡大される最新の排ガス規制「オフロード法2014年基準」に適合し、国土交通省から「2020年燃費基準100%達成建設機械」に認定された。年間300台の販売を見込む。

 発売するのは、11年7月に初めて発売したハイブリッド油圧ショベルの最新モデル。従来のハイブリッドモデル「ZH200-5B」に比べ約12%、ディーゼルタイプの標準モデル「ZX200-5B」に比べ約25%の燃費低減を実現した。

 新たに開発したコントローラー「TRIAS-HXII(トライアス・エッチエックス・ツー)システム」を搭載。油圧システムやエンジン、エンジンをアシストするモーターなどを総合的に制御することが可能で、操作のしやすさと燃費性能を両立させた。標準モデルの小売価格は2510万円。

最終更新:6/13(火) 8:15
SankeiBiz