ここから本文です

新世界ランク1位 A・ジュタヌガーン「楽しむことだけに専念した」

6/12(月) 18:27配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<マニュライフLPGAクラシック 最終日◇11日◇ホイッスル・ベアーGC(6,613ヤード・パー72)>

【動画】マニュライフLPGAクラシックの最終日ハイライト

「マニュライフLPGAクラシック」最終日。折り返し地点ではレクシー・トンプソン(米国)が圧倒的優位だった。しかし、前半3アンダーとスコアを伸ばしていたレクシーが別人となる。後半は4つのボギー。それでも1打リードで最終ホールを迎えたが、4フィート(約1.2メートル)のパットを外し、アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、チョン・インジ(韓国)と並んでプレーオフへと突入した。

その1ホール目、トンプソンは完璧なドライバーショットでスタートしたものの、アプローチで痛恨のミスを犯し、グリーン外からの長いパットを残してしまった。ここでレクシーは万事休す。インジもバーディパットを外し、ジュタヌガーンが見事にバーディを決めて勝利を手にした。

「優勝なんて本当信じられない。今週ここに着いたとき、ボールを打つ感覚に不安があり、ティショットが怖かったんです」(アリヤ)

ここまで惜しいところで勝利を逃してきた。5月のロレーナ・オチョア・マッチプレーでも2位。フラストレーションは自信喪失にもつながる。しかし、アリヤは最終日、強風の中でボギーを一つに抑え、3アンダーの69をマークした。

「今日は本当に風が強くて、グリーンに乗せるだけでも難しく、バーディを取るのが大変でした。でも、しっかりひとつひとつに全力を尽くし、楽しんでプレーしようということだけに専念しました」

この優勝により、アリヤはロレックスランキングNo.1という新女王の座に上り詰めた。

「正直にいうと今週は1打1打を大切にして楽しむことだけに集中していたので、世界ランキングに関しては意識していませんでした」

というアリヤだが、妹でもありLPGAツアー仲間でもある妹のモリヤ・ジュタヌガーンやキャディへ、今夜の祝賀会のプランをメールする顔には笑顔が満ちあふれていた。(米国LPGA公式サイトより)

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>