ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ、スピード不足は「危険」だ

6/12(月) 19:02配信

TopNews

F1カナダGP決勝レースで、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)はポイント圏内を走行しながらも、ホンダのパワーユニットのトラブルによりリタイアでレースを終えているが、アロンソはストレートのスピード不足について「危険」だったと語った。

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ、イラつく「エンジンが壊れた。コーナーは速いけど直線で全員に抜かれる」

レース中、スピードトラップで最速だったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は344.1km/hを記録しているが、アロンソは317.6km/hだった。その差は26.5km/hだ。

アロンソは、42周目までタイヤ交換をせず走り続けることで順位を上げたものの、残り3周の時点でホンダのパワーユニットのトラブルによりクルマをコース脇に止めてしまった。

「パワーが足りず、レースそのものはすでに十分苦労していた」

「みんなはストレートの途中で僕らを抜いていったし、時にはこのようなスピードの違いは危険なんだ」

アロンソは今季初ポイント目前でまたもエンジンブローとなり、マクラーレン・ホンダは未だにノーポイントの最下位に留まっている。

最終更新:6/12(月) 19:02
TopNews