ここから本文です

松戸の社宅を再生しクリエーターの拠点づくり ネットで資金調達 /千葉

6/12(月) 11:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松戸市内の社宅をクリエーターの拠点として再生しようとomusubi不動産(松戸市常盤平陣屋前)が現在、クラウドファンディングで資金調達を行っている。(松戸経済新聞)

クラウドファンディングリターンの米

 対象となる物件は、1960(昭和35)年に建てられた神戸船舶装備の社宅「せんぱく工舎」。1階部分の6部屋を主に地域に開かれたショップやカフェ、2階部分の13部屋を主にアーティストや作家のアトリエとして活用することを目指し50万円の資金を募る。

 集まった資金は、床貼りの材料費・施工費、天井の塗装費、電機の配線など工事費用へ充てる予定。

 協力者には、入居者や街の人々と作った米、同施設を改装するためのDIYワークショップ参加権など独自のリターンを用意。木製製品を手掛ける「maltas works」のコースターや額縁、コーヒー豆焙煎(ばいせん)所「Tokoa coffee」のドリップバッグとマグカップ、画家の北見美佳さんの作品など、地域で活動するクリエーターの作品も。

 同社の殿塚建吾さんは「街に新たな拠点を作り、顔が見えている人と暮らしをつくっていきたい。ぜひ支援いただければ」と呼び掛ける。

 クラウドファンディングは7月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク