ここから本文です

<特集>6月の配当取り、この銘柄に妙味あり(4)=日本社宅―業績は拡大基調、割り負け感も

6/12(月) 18:20配信

モーニングスター

 日本社宅サービス <8945> をマークしたい。17年6月期配当は期末一括で14.5円。配当利回りは2%強とさほどインパクトはないが、それでも同じ東証2部銘柄の平均1.7%強を上回る。業績は拡大基調にあり、長短両用の投資対象として注目できる。

 今月9日に発表した17年6月期第3四半期(16年7月-17年3月)の連結決算では、営業利益5億7400万円(前年同期比34.3%増)を達成した。主力の社宅管理事務代行事業が既存企業の高いリピート率と堅調な受注環境を背景に順調に管理件数を伸ばした。付帯サービスの増加もあって2ケタ成長を確保し、利益拡大に直結している。通期の同利益は7億1300万円(前期比15.8%増)と3期連続の最高利益更新を見込むが、第3四半期時点での進ちょく率は80.5%となり、良好に推移している。ちなみに、PERは13倍台となお割り負け感を残している。

 株価は4月13日に年初来安値590円に沈んだが、足元では700円台に復帰。この先、2月8日の年初来高値737円、5月9日の戻り高値720円が上値抵抗線として意識されるが、正念場突破となれば、上げ足に弾みが付く可能性もあろう。

提供:モーニングスター社

(イメージ写真提供:123RF)

鈴木 透

チャート

日本社宅サービス8945
742円、前日比+3円 - 6/27(火) 15:00

Yahoo!ニュースからのお知らせ