ここから本文です

F1=カナダGP、ハミルトンが6度目優勝

6/12(月) 9:56配信

ロイター

[モントリオール 11日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第7戦、カナダ・グランプリ(GP)は11日、モントリオールで決勝レースを行い、ルイス・ハミルトン(英国、メルセデス)が同GP6度目の優勝を果たした。2位に入ったチームメートのバルテリ・ボッタス(フィンランド)に19.7秒差をつけた。

今季3勝目のハミルトンは、「10年前に初めてポールポジションを取り、初優勝したこのサーキットで、今週末に同じことができたのは信じられないほど特別なこと」と喜びを語った。

3位にはダニエル・リカルド(オーストラリア、レッドブル)が入り、フェラーリのセバスチャン・フェテル(ドイツ)はフロントウイング損傷によるピットインが影響して4位に終わった。また、今季デビューした地元カナダのランス・ストロール(ウィリアムズ)が9位に入り、初ポイントを獲得した。

個人総合はフェテルが141ポイントで首位を守り、2位のハミルトンは12ポイント差。コンストラクターズ部門は、メルセデスが222ポイントに伸ばし、2位のフェラーリを8ポイント差で逆転して首位に立った。

最終更新:6/12(月) 9:56
ロイター