ここから本文です

豊田自動織機、建機向けハイブリッドユニットを新開発…日立 油圧ショベルに供給

6/12(月) 12:15配信

レスポンス

豊田自動織機は、建設機械向けに同社初となるハイブリッドユニットを開発。日立建機が9月に発売する油圧ショベル「ZH200-6(運転質量20.2t)」に搭載されると発表した。

[関連写真]

日本の建設機械が排出する温室効果ガスのうち、約6割が油圧ショベルと言われており、環境意識の高まりと低燃費への要望を背景に、エンジンとモータを備えるハイブリッド油圧ショベルに対する需要が拡大。日立建機でも、国内累計出荷台数が1000台を超えている。

今回、豊田自動織機が新開発したハイブリッドユニットは、ディーゼルエンジンにアシスト発電モータを組み合わせた新型ハイブリッドエンジン(モータ一体型)と、PCU(パワーコントロールユニット)で構成。74kWクラスにおいてオフロード法2014年基準を世界で初めて尿素SCRなしで達成し、尿素水の管理・補給も不要となるなどメンテナンス性が大幅に向上した。

また、新開発の高出力薄型モータと組み合わせることで、エンジンの最良燃費点を作業頻度が高い領域に設定可能となり、低燃費を実現。一方、モータを制御するPCUは、自動車の電源技術を活用しつつ、振動・耐油性など建設機械特有の使用環境にも適応している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/12(月) 12:15
レスポンス