ここから本文です

中日・バルデスのフル回転に首脳陣「?」

6/12(月) 16:45配信

東スポWeb

 中日は11日のオリックス戦(京セラドーム)に4―0で完勝し、連敗を3で止めた。先発のラウル・バルデス(39)が7回無失点と勝利に貢献、4月23日のDeNA戦以来の今季2勝目をマークした。自身4連敗の不振で5月29日に二軍落ちし、この日は再登録されての復帰戦。「登板間隔が空いたけど、しっかり試合に入っていけた」と満足そうに話した。友利投手コーチは「台所事情が苦しい中で長いイニングを投げて役割を果たしてくれた。やっぱりバルデスは頼れますね」と最敬礼だ。

 しかしながら、この好投にもかかわらず首脳陣は今後のバルデス起用に慎重な構えを見せる。今季、抹消前までは中6日での登板が一度もなく、中5日が7度、中4日が3度とフル回転。登板間隔を短くしたいのが、バルデスの希望でもあったからだが「自称(今年で)40歳と言っているけど、やっぱり年齢的なところで体力回復が追いつかなくなってきた。本人は投げたがるけど(抹消や中6日以上空けるなど)定期的にこういうことをやっていかないとね」と友利投手コーチ。バルデスから特権を剥奪する方針なのだ。

 今季、開幕から9試合連続クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)と超安定実績もある助っ人左腕ながら、チーム関係者も「本人の希望通りに投げさせていたら中4日や中5日でバンバンいこうとする性格だからね。故障されたら元も子もないし、バルデスの登板間隔を空けるのは賛成だよ」と話す。

 もっとも、当のバルデスは「状態はいい。中4日で、と言われれば、いつでもいく」ときっぱり。今後は投げたいばかりの左腕を、どうなだめるかも竜浮上のポイントになる!?

最終更新:6/12(月) 16:45
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 17:05